• 文字サイズ

企業クイック検索

キーワードで検索
業種で選ぶ
地域で選ぶ

東京23区

多摩地区

50音で選ぶ
一覧を見る

3Dプリンター(3次元造形支援)

3Dラボ紹介

3次元造形支援は、公社多摩支社内の一室「3Dラボ」で展開しています。

「3Dラボ」では、3Dプリンターをはじめとする各種設備や打合せスペースを完備。

専属コーディネータによるきめ細やかな支援を行っています。

aIMG_3087a

図2

aIMG_3117

最新サンプル紹介

image03

重量約30g  造形時間:8時間

image04

重量約400g  造形時間:38時間

image05

高さ300mm・重量約250g  造形時間:18時間

 

3Dプリンターの利用方法

複雑な形状の試作品でも素早く造形できる3Dプリンターの活用は、技術開発のスピードアップや顧客への効果的なプレゼンテーションなどに威力を発揮します。
公社多摩支社では、3Dプリンターの活用を検討している中小企業を対象として、3Dプリンターの実践的な活用の場を提供し、試作開発や企業間の技術コラボレーションを促進する三次元造形支援を行っています。下記の「支援内容」「利用条件」「注意事項」および「利用約款」をご確認のうえ、「三次元造形支援利用申込書」をご提出ください。

 

利用方法の動画はこちらからご覧いただけます。

 

支援内容

企業が作成した三次元CADデータに基づき、専任のコーディネーターが3Dプリンターによる造形や三次元CADデータ作成に関するアドバイスを行います。

3d

利用条件

・都内に事業所を有し、「ものづくり」を目指す中小企業であること。

・広域多摩イノベーションプラットフォームにおける各事業(セミナー、勉強会、研究会、交流会等)にすでに参画、またはこれから参画すること。

・自社または自社が所属する企業グループが作成したCADデータであること。

・STL形式でのデータ提出が可能なこと。

・CADデータは違法な造形物またはその一部もしくは部品ではないこと。

・CADデータは第三者の知的財産権を侵害するものではないこと。

・作成した造形物を販売目的に使用しないこと。

・趣味等事業目的以外での利用ではないこと。

注意事項

・お申込みの前には必ず「利用約款」をご一読ください。

・利用状況等により、利用を制限される場合があります。

・公社は、提出されたCADデータについては、公社が定めた「情報セキュリティ対策要綱」に基づき管理します。

・コーディネーターのアドバイスや引渡し後の造形物の破損、それらに起因する二次的損害については、公社は一切の責任を負いません。

・公社は造形物の写真を撮影し、それを保存します。

3Dプリンター(三次元造形)支援申込書のダウンロードはこちらから。

設置機種のご紹介

FORTUS250mc

 

設置機種 Stratasys社 “Fortus 250mc”
詳細は、こちら

(1)造形方式に熱溶解積層方式を採用し、短時間での造形が可能です。

(2)積層ピッチが0.2mm程度の精度で造形するため、製品全体の形状試作や部品の性能検証の用途に用いることができ、工業用途に向いています。

(3)モデル材料としてABS樹脂を使用し、比較的強度があり高い温度にも耐えられる試作品を造形できます。

(4)公社に設置する機種の造形サイズは(横)254mm×(縦)254mm×(高さ)305mmの比較的大きな造形が可能で、実寸サイズに近いものが出来ます。

申込み・お問合せ先

〒196-0033 東京都昭島市東町3-6-1
(公財)東京都中小企業振興公社 多摩支社

TEL 042-500-3901 FAX 042-500-3915
E-mail tama@tokyo-kosha.or.jp