Facebook

  • 文字サイズ

企業検索

産学連携

イノタマ 公式Facebookページ

【開催報告】三菱化工機株式会社 水素ステーション見学会2017年12月7日

水素社会実現に向けた東京都の取組の中で、水素ステーション整備が重要事項となっています。現在、都内の水素ステーションは13か所、2020年までに35か所まで増やす計画を進めており、今後、益々の増加が見込まれます。
その様な背景の中で、本年10月に完成した三菱化工機株式会社の実証用水素ステーションにおいて使われている技術並びに技術課題について、講演・施設見学を実施しました。
当日は、都内中小企業を中心に34社34名の皆さまにご参加いただき、大変ご好評をいただきました。本見学会が、自社の経営活動の活性化や、同社との連携の機会となることを期待しております。

 

【参加者内訳(34社34名)】

製造業 28社
建設業 1社
その他 5社

 

実施報告

三菱化工機株式会社 水素ステーション見学会
●開催日時 平成29年12月7日(木)14:00~17:00
●対象者 水素エネルギーに関心のある、都内ものづくり中小企業
●会場 三菱化工機株式会社 川崎製作所 (神奈川県川崎市川崎区大川町2番1号)

第1部 14:00~15:00
三菱化工機の水素インフラの取り組みについて
三菱化工機株式会社水素・エネルギープロジェクト部 部長 山崎 明良氏

三菱化工機の水素ビジネスへの取組みを中心に、水素ステーション関連技術、技術課題についてご講演頂きました。

第2部 15:10~15:50
施設見学

下記特長を持つ実証用水素ステーションを見学しました。

①三菱化工機が開発した水素ステーション充填パッケージの採用

②パッケージ化による工事の簡略化

③小型水素製造装置HyGeia-Aの設置

実証用水素ステーション概要

・都市ガスを原料とし、水素ステーション内で水素を製造・供給するオンサイト型

・高圧水素圧縮機、蓄圧器、ディスペンサーを一体型にした、水素ステーション充填

パッケージを設置

・水素充填能力は、オンサイト型水素ステーションで標準的な300Nm3/h

第3部 16:00~16:30
質疑応答

参加企業からの質疑応答を行いました。三菱化工機の技術課題を中心に半数以上の企業から質問があり、活発な意見・情報交換が実施されました。

 

 

三菱化工機株式会社山崎氏による講演

三菱化工機株式会社山崎氏による講演

 

実証用水素ステーション見学の様子1

実証用水素ステーション見学の様子1

 

実証用水素ステーション見学の様子2

実証用水素ステーション見学の様子2

 

今回の見学会では、事前に三菱化工機株式会社から技術課題を提示して頂き、その技術課題を解決出来る中小企業が中心となって参加しました。

今後は、本見学会を通じた三菱化工機株式会社の技術課題に対して自社技術をアピールする中小企業を募り、三菱化工機株式会社との連携の機会を設けていきます。今回の見学会が、自社の経営活動の活性化につながれば幸いです。