• 文字サイズ

企業クイック検索

キーワードで検索
業種で選ぶ
地域で選ぶ

東京23区

多摩地区

50音で選ぶ
一覧を見る

【開催報告】インフラメンテナンスセミナー「東京メトロが展開する最新の地下鉄トンネル維持管理技術」2018年11月20日

本セミナーでは、東京メトロから3名の講師を招き、インフラメンテナンス分野に関心がある都内中小企業を対象に、地下鉄トンネル維持管理工法とその技術課題についてご紹介しました。当日は35社50名と多くの方にご参加いただきました。
 

実施報告

インフラメンテナンスセミナー「東京メトロが展開する最新の地下鉄トンネル維持管理技術」
●開催日時 平成30年11月20日(火)13:30~15:30
●対象者 都内に主たる事業所がある中小企業、インフラメンテナンス関連の製品あるいはサービスを持っている中小企業
●会場 公益財団法人東京都中小企業振興公社 多摩支社 2階大会議室

13:35~14:15
「東京メトロ構造物の維持管理の概要」
東京地下鉄株式会社 鉄道本部 工務部 土木課 課長補佐 沢田 秀樹 氏

東京メトロの事業概要のほか、管理する構造物の全体像、維持管理の問題点、従来から用いている補修工法(コンクリート補修、止水補修、塩害対策等)について解説いただきました。

地下鉄トンネル補修工法の解説

14:20~15:00
「ICTを用いた東京メトロ構造物の維持管理技術」
東京地下鉄株式会社 鉄道本部 工務部 土木課 課長補佐 今泉 直也 氏

トンネル維持管理検査の機械化・IoT化やデータベースを利用した検査結果の分析など、東京メトロが取り組む最新の維持管理技術とその課題について紹介いただきました。

東京メトロの新たな取り組みについて

15:00~15:30
質疑
東京地下鉄株式会社 鉄道本部 工務部 土木担当部長 小西 真治 氏
同 土木課 課長補佐 沢田 秀樹 氏
同 土木課 課長補佐 今泉 直也 氏

質疑では、トンネルの検査基準や具体的な補修工法から維持管理の費用まで様々な質問が飛び交い、活発な意見交換が行われました。

参加者からの質問に回答する講師

 

今回のセミナーは、東京メトロが展開するトンネル維持管理技術について理解を深め、都内中小企業との技術連携へ繋げる目的で開催しました。東京メトロの3名の講師には、従来型と最新型の維持管理技術について、それぞれ詳細の情報を開示いただくとともに、具体的な技術課題をご開示いただきました。
参加者アンケートの結果、「大変満足」「満足」が90%以上と高評価をいただいたと同時に、東京メトロに対する技術提案のご要望を多数いただきました。公社では技術連携に向けて引き続きフォローを続けてまいります。