Facebook

  • 文字サイズ

企業検索

産学連携

イノタマ 公式Facebookページ

【開催報告】IoT・ロボットを活用したスマート看介護セミナー2019年7月30日

東京都中小企業振興公社多摩支社では、令和元年7月30日(火)に開催した「IoT・ロボットを活用したスマート看介護セミナー」の内容を以下にご報告します。

目的

本セミナーでは、看護・介護分野に関心のある都内の中小企業に向け、IoT機器や介護ロボット導入の可能性について、大学・公的機関・民間のそれぞれの立場から講演して頂きました。また、IoT機器の導入事例や実際の機器の展示、デモ等も行い理解を深めました。セミナー終了後も機器の見学や講師、参加者同士の名刺交換も行われました。

反響

製造業を中心に都内の中小企業23社、35名の皆さまにご参加いただき、終了後のアンケートでは90%以上の参加者が「大変満足」「満足」と回答するなど、好評をいただきました。

参加者の声(一部抜粋)

・現場での活用事例など具体的な話も多く聞け参考になった。

・デイサービスや訪問介護でもIoT機器やロボットが効果を発揮する場合があるとわかった。

※公社は参加者へのフォローをセミナーや勉強会を通して取り組んでまいります。

 

実施報告

IoT・ロボットを活用したスマート看介護セミナー
~テクノロジーを活用した看介護分野の在り方~
●開催日時 令和元年 7月30 日(火)14 :00 ~17 :00
●対象者 都内に事業所を有し、看護・介護分野に興味のある中小企業
●会場 東京都中小企業振興公社多摩支社2階 大会議室

 

講演1 14:05~15:15
スマートデバイスを用いたパートナーロボットやアプリの開発
首都大学東京大学院システムデザイン研究科教授 久保田 直行 氏

IoTを活用した見守り社会に関する講演

ロボットのデモンストレーション

久保田氏からは、同大学院で取り組んでいるロボットやアプリの開発事例を基に、IoT機器やロボットが活躍する『コミュニケーションを重視した見守り社会』について説明して頂き、看護・介護業界への活用の可能性を講演して頂きました。

 

講演2 15:25~16:10
介護福祉具・介護ロボットの開発と普及の現状
公益財団法人テクノエイド協会 企画部長 五島 清国 氏

介護業界でのロボット活用を説明

五島氏からは、少子高齢化の現状と課題をはじめ、介護認定者数や介護職員数の推移など介護業界について説明して頂き、福祉用具や介護ロボットの効率的な利用方法、開発と普及にあたっての留意点などを講演して頂きました。

 

講演3 16:15~17:00
現場から見た介護の現状とIoT機器の可能性
株式会社やさしい手 住環境事業部部長 岡部 雄二 氏

在宅介護事業者による講演

介護用IoT機器の展示

岡部氏からは、実際の介護現場での実情を説明して頂き、IoT機器利用による介護士、介護利用者双方の利便性をご講演して頂きました。また、セミナー会場内に実際のIoT機器の展示も行っていただきました。。

 

東京都中小企業振興公社多摩支社では、イノベーション多摩支援事業においてダイバーシティ実現に向けて、看護・介護分野へのビジネス展開を検討している中小企業の機会創出のために、勉強会や研究会の場を設けています。今後も当該セミナーのような情報発信をはじめ、研究会の開催など、中小企業の新たな展開に向けて様々な支援を提供させていただきます。

 

◆「イノベーション多摩支援事業ダイバーシティの取り組みについて」

URL:https://www.technology-tama.jp/ipf/health