• 文字サイズ

企業クイック検索

キーワードで検索
業種で選ぶ
地域で選ぶ

東京23区

多摩地区

50音で選ぶ
一覧を見る

【開催報告】インフラメンテナンス勉強会(トンネル)2016年11月22日

笹子トンネルの天井落下事故からもうすぐ4年。この事故を契機に、社会インフラの老朽化が深刻な問題として取り上げられ、様々なインフラメンテナンス技術が導入されました。しかし、現場にはいまだ未解決の課題が山積しています。当勉強会では国・東京都・民間建設会社・コンサルティング会社等の様々な視点でトンネルの保全・維持管理における取り組みと課題をご紹介いたしました。
当日は、社会インフラのメンテナンスに興味をお持ちの都内中小企業を中心に約24名の皆さまにご参加いただきました。

 

実施概要

インフラメンテナンス勉強会(トンネル)
●開催日時 平成28年11月22日(火)13:30~17:30
●対象者 都内に事業所を有する中小ものづくり企業
●会場 公益財団法人東京都中小企業振興公社 多摩支社 2階大会議室

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

講演① 13:35~14:15
「道路トンネルの構造と施工法」
首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 助教 土門 剛氏

首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 助教 土門 剛氏

首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 助教 土門 剛氏

一口にトンネルと言っても、用途・場所・工法によって様々なトンネルがあります。今回は、道路トンネルの矢板工法とNATMの特徴や、トンネルの長寿命化についてご講演いただきました。

講演② 14:20~15:10
「道路トンネルの現状と維持管理」
国立研究開発法人土木研究所 上席研究員 砂金 伸治氏

国立研究開発法人土木研究所 上席研究員 砂金 伸治氏

国立研究開発法人土木研究所 上席研究員 砂金 伸治氏

道路トンネルの老朽化が進み、ひび割れ、変形、漏水などの変状が発生するケースも増えています。変状がどのような理由で発生するのか、維持管理のためにどのような点検をすればよいか、また、現状の維持管理に対する課題をお話ししていただきました。

講演③ 15:20~16:00
「東京都建設局管理トンネルにおける予防保全型管理の取組について」
東京都建設局 道路管理部保全課 課長代理 粟本 太朗氏

東京都建設局 道路管理部保全課 課長代理 粟本 太朗氏

東京都建設局 道路管理部保全課 課長代理 粟本 太朗氏

都が管理するトンネルのうち最も古いのは、昭和13年に建設された橋詰トンネル。現在は供用開始50年以上は約18%ですが、30年後には約65%になります。東京都によるトンネル予防保全の着手状況の概要と、そのために求められる技術開発についてご講演いただきました。

講演④ 16:10~16:40
「大林組に於ける、トンネル維持管理への取り組みについて」
株式会社大林組 土木本部生産技術本部 課長 富井 孝喜氏
株式会社大林組 土木本部生産技術本部 副部長 秋好 賢治氏

株式会社大林組 土木本部生産技術本部 課長 富井 孝喜氏

株式会社大林組 土木本部生産技術本部 課長 富井 孝喜氏

トンネルの維持管理の取組として大林組で取り組まれている、補強技術のスムースボード工法、スペースパック工法、合成開口レーダを利用したモニタリング技術についてご紹介いただきました。

講演⑤ 16:40~17:10
「パシフィックコンサルタンツに於ける、トンネル維持管理の施策と課題について」
パシフィックコンサルタンツ株式会社 インフラマネジメント部 重田 佳幸氏

パシフィックコンサルタンツ株式会社 インフラマネジメント部 重田 佳幸氏

パシフィックコンサルタンツ株式会社 インフラマネジメント部 重田 佳幸氏

民間企業のトンネル維持管理の具体的事例として、建設コンサルティングを事業とするパシフィックコンサルタンツ株式会社の取り組みをご紹介いただくとともに、トンネル維持管理の課題についてご講演いただきました。

講演⑥ 17:10~17:20
「道路トンネルに於ける、点検機器開発の実例と現場測定の紹介」
株式会社アルファプロダクト 取締役 原 徹氏

株式会社アルファプロダクト 取締役 原 徹氏

株式会社アルファプロダクト 取締役 原 徹氏

道路トンネルのコンクリート点検に必要な点検機器開発の事例を、現場でのクラック検出の実例を交えながらご紹介していただきました。

質疑応答 17:20~17:30

質疑応答の様子

質疑応答の様子

最後にはご講演者に対する活発な質疑応答が交わされ、非常に密度の濃い勉強会となりました。年明け、1月18日には本勉強会の内容を受け、より詳細な課題の説明と、参加企業による課題に対するプレゼンテーションを行います。