• 文字サイズ

企業クイック検索

キーワードで検索
業種で選ぶ
地域で選ぶ

東京23区

多摩地区

50音で選ぶ
一覧を見る

【開催報告】第3回産業セミナー「ディープラーニングセミナー」2016年12月9日

近年、AI(人工知能)の重要な要素技術の一つとして、「ディープラーニング(機械学習)」が注目されています。今回のセミナーでは、約100名の都内中小企業の皆様にご参加いただき、AI技術のトップ企業がディープラーニング技術の現状及び活用事例を解説するほか、具体的な事例や取り組み方について、デモンストレーションを交えてご紹介しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

実施概要

第3回産業セミナー「ディープラーニングセミナー」
●開催日時 平成28年12月9日(金)13:30~16:30
●対象者 都内に事業所を有するものづくり企業など(AI技術に興味をお持ちの方)
●会場 公益財団法人東京都中小企業振興公社 多摩支社 2階大会議室
●プログラム

13:30~15:00
「ディープラーニングとは何か/ディープラーニングで何ができるのか/ディープラーニングのためのプラットフォームと開発ツール/技術の展開事例、具体的な導入事例」
エヌビディア合同会社 ディープラーニング部 部長 井﨑 武士氏

エヌビディア合同会社 ディープラーニング部 部長 井﨑 武士氏

エヌビディア合同会社 ディープラーニング部 部長 井﨑 武士氏

ハード、ソフトの進化によって、複数段階のニューラルネットワークを使用するディープラーニングが実現できるようになりました。ディープラーニングで何が実現できるのか、事例を交えてご紹介いただきました。また、ディープラーニングを実現するために必要なプラットフォームとして、エヌビディアが展開するGPUについてご説明いただきました。

15:10~16:00
「ディープラーニングの取り組み方」
株式会社システム計画研究所 事業本部第2事業セグメント 平河 怜氏

株式会社システム計画研究所 事業本部第2事業セグメント 平河 怜氏

株式会社システム計画研究所 事業本部第2事業セグメント 平河 怜氏

ディープラーニングの精度を高めるには学習データの質と量が重要です。実際に同社で開発したディープラーニングに関連する事例と、その中でどのように学習データを収集したのかについてご紹介いただきました。

16:00~16:30
「時系列センサデータのディープラーニングによる異常検知」
株式会社マクニカ クラビスカンパニー ソリューション統括部 nV推進部 主任技師 古瀬 勉氏

株式会社マクニカ クラビスカンパニー ソリューション統括部 nV推進部 主任技師 古瀬 勉氏

株式会社マクニカ クラビスカンパニー ソリューション統括部 nV推進部 主任技師 古瀬 勉氏

 

デモの様子

デモの様子

製造業に求められるディープラーニングの活用方法として、設備の故障検知が考えられます。本セミナーでは、エヌビディア社製プラットフォームを使って、モーターの異常を検知するデモシステムのご紹介と実演をしていただきました。

16:30~16:40 質疑応答

質疑応答の様子

質疑応答の様子

 

セミナー後の名刺交換の様子

セミナー後の名刺交換の様子

 

すでに参入している企業様、具体的に検討している企業様が多かったため、非常に実務的かつ具体的な質疑応答が活発に交わされました。様々な分野での活用が期待されるディープラーニングですが、今回のセミナーが参入または活用のきっかけとなれば幸いです。