Facebook

  • 文字サイズ

IoT・ロボットを活用したスマート看介護勉強会開催のお知らせ2020年1月14日

人手不足が深刻な看介護業界では、IoT・ロボットの活躍が期待されています。本勉強会では、看介護業界に興味のある企業を中心に、看介護に携わっている方や有識者の方々を交え、看介護製品の開発への理解を深めます。

チラシのダウンロードはこちらから。

 

◆開催概要

タイトル 「IoT・ロボットを活用したスマート看介護勉強会」
対象者 看介護分野の製品開発を行っている、または関心のある都内中小企業
看護・介護の現場でニーズをお持ちの方で製品開発に興味のある方
日 時 第1回令和2年2月17日(月)14:00~17:00(受付13:30~)
第2回令和2年2月28日(金)14:00~17:00(受付13:30~)
受講料 無料
会 場 八王子市生涯学習センター(クリエイトホール)11階 第7学習室
東京都八王子市東町5-6
(JR中央線 「八王子駅」徒歩5分)
募集人数 20名(先着)
申込締切 定員に達し次第、締め切らせていただきます。

 

◆プログラム

第1回 令和2年2月17日(月)14:00~17:00 ※適宜休憩を入れます
「看介護IoT・ロボットの事例と製品開発の思考」
講師:首都大学東京大学院システムデザイン研究科
   教授 久保田 直行 氏

・看護、介護ロボットの事例やデザイン思考、機械学習などの製品開発に向けた手法に加え、実際に参加企業様によるグループワーク等を行い、製品開発への理解を深めます。1回目講演終了後には、2回目に向けた課題を発表させていただき、参加企業様に課題に取り組んでいただきます。

第2回 令和2年2月28日(金)14:00~17:00 ※適宜休憩を入れます
 「現場での製品ニーズと看工連携について」
講師:公益財団法人東京都医学総合研究所
   知財活用センター長 芝崎 太 氏
講師:首都大学東京大学院システムデザイン研究科
   教授 久保田 直行 氏

・参加企業様による1回目の課題に対する発表と講師による講評。その後、現場でのニーズの他、看工連携の事例等の講演。2回目終了時には、実際にIoT・ロボット製品の開発を希望される企業様に向け、次回以降のより深いワークショップのご案内をさせていただきます。

 

◆申込方法 こちらのページからお申込みください。

 

◆お問合せ (公財)東京都中小企業振興公社 多摩支社
TEL:042-500-3901