Facebook

  • 文字サイズ

企業検索

産学連携

イノタマ 公式Facebookページ

ミクロン単位でどこにもできない加工を実現する精密加工のスペシャリスト

昭和37年に創業された原製作所を平成4年に現在の原社長が父親から引き継ぎ、株式会社ティケイワイプロダクツに社名を変更。以来、NC旋盤やマシニングセンターなど最新鋭のコンピューター制御の工作機械を積極的に導入して高精度・高品質の精密加工を実現し、顧客から大きな信頼を得ている。

株式会社ティケイワイプロダクツ(R2/11/18up)

技術力で不可能を可能に、可能を信頼にし、多様なニーズに応える

半導体製造装置、分析機器、産業用映像機器、航空機関連等の精密部品機械加工及びアセンブリを行っている。豊富な加工実績の中でも、精度誤差の要因となる熱膨張が極めて低く、耐熱性や制振性にも優れるノビナイトの加工を得意としている。

振動の少ないノビナイト加工で独自のポジションを築く

―御社の概要をお聞かせください。

当社は、主にウェハーの性能を測定するプローバーという半導体製造装置の検査装置や露光装置に使われている部品をミクロンオーダーで作っています。その中でも加工材質のノビナイトを使ったφ600mmからφ800mmの大型旋盤リングの製作を得意としています。ノビナイトは温度変化によって寸法変化のしにくい低熱膨張材料で、わずかな振動であってもできるだけ抑えなければならない超精密機械の構造体として様々な分野で使用されている素材です。

また、カメラ部品としては、埋設されている土管やガス管の中を撮影する管内カメラの駆動部やカメラヘッド、分析装置では赤外線分光計等の光学機器、その他に超精密加工機械、人工衛星用高精度アンテナケースやモジュールをカバーしているアルミ鋳物製品等の加工を行っています。

平面度・平行度ともにミクロンオーダーで仕上げられている旋盤リング

徹底した品質管理によって、顧客の要望に応える

―御社の強みを教えてください。

いつでもお客様のご要望を満たし、その信頼にお応えし、より良い製品を提供することが当社の使命であると考えています。

半導体製造装置の部品加工では常に高精度を要求されるため、徹底した品質管理を行なっています。例えば加工工程において、機上ではダイヤルゲージ、その後に三次元測定器を使って平面度・平行度を測定し、お客様の必要とされているミクロンの寸法精度を実現させています。特に大型旋盤で加工平面度・平行度0.003mm〜0.005mmの精度で加工することができます。

測定と加工を繰り返し、顧客の要求精度を実現している

企業理念「まじめに成長する会社」の実践

―品質の高さを維持するために心がけていることは何ですか。

企業理念である「まじめに成長する会社」を実践することです。

まず、社内の技術者育成に力を入れています。当社では大型の縦型旋盤、5軸マシニングセンターなど最先端設備を導入していますが、それらの機械を使いこなす人が最も大切だと考えています。そこで、新入社員にはNCスクールで必ず研修を受けてもらい、機械を使いこなす人材を育てています。

そして、技術の共有化を図っています。例えば、通常は材料が熱処理されて応力のない状態で加工をしているのですが、稀に応力が残った状態の材料を扱うケースがあります。応力がなければ機械に入力する数値が決まっていますが、応力が残っている場合は数値化できないので、人の技術で判断しなければなりません。このように、「その人にしかできない」という固有の技術がある場合、その工程がボトルネックになってしまいます。そういったことを防ぐために、個人が持っている技術を蓄積・共有して水平展開し、会社全体の技術力を着実に向上させています。

平成16年にはISO9001、翌年にはISO14001を認証取得するだけでなく、6S(5S+セーフティ)を社内で徹底し、品質向上をはかっています。さらに,航空電子の分野に業務を広げていきたいと考え、平成24年に航空・宇宙・防衛規格JISQ9100も認証取得しました。

また、地域コミュニティの一員として、周辺への騒音対策のためにコンプレッサー室を防音壁にしたり、改正RoHS指令に伴って使用が禁止された物質を使用しないなど、環境負荷の低減を目指したモノ作りを実施しています。

当社は最先端設備と技術力、まじめなモノ作りでお客様の様々なご要望にお応えしてきましたが、そういった積み重ねが信頼となり、結果として品質の高さの保持に繋がっていると考えています。

個人の技術を社内で共有し、全体の技術力向上をはかる

手間を惜しまず、基本に忠実なモノづくりを

―今後のビジョンを教えてください。

日本のモノづくりの力は、「高精度のものを安定して供給する力」だと思っています。

これまで通り、それを維持することに努め、これからも同様に「100%良いものを納めたい」という信念を持って、手間を惜しまず、基本に忠実に、まじめなモノづくりを行っていきます。

これまでどこにもできない精密加工ということでナンバー1、オンリー1を目指してきました。そうやって長年にわたって培ってきた信用力を武器に、今後もお客様の要求される精度に応えていきたいと思っています。

代表取締役 原 嘉大氏

企業基本情報

会社名 株式会社ティケイワイプロダクツ(R2/11/18up)
所在地 〒192-0154 東京都八王子市下恩方町424-7
設立 昭和37年
資本金 1,200万円
従業員数 20名
主要取引先 半導体製造装置メーカー、精密電子機器メーカー等
WEBサイト http://www.tky-products.co.jp