Facebook

  • 文字サイズ

当HPは2022年5月下旬にリニューアルを予定しております。
「ゼロエミッション推進に向けた事業転換支援事業」もリニューアル後のHPでご案内予定です。

ものづくりの技術と知識の融合でガラスを極める

卓越した技術で精密ガラス加工を行っている株式会社鬼塚硝子。 真空成形技術により医療用ガラスセルの製品化を中心に、熟練のガラス加工職人によって、常に新しい技術や製品作りに挑戦している。日々、「1mmの階段をのぼるように」技術を磨くとともに、当社にしかできないガラスと金属との接合技術を用いた新たな製品の開発に着手することで、日本のモノづくりの伝統を守り続けている。

株式会社鬼塚硝子(R4/3/31UP)

「ものづくり」の技術と科学の知識でゆたかな社会に貢献する

株式会社鬼塚硝子は東京都青梅市に本社・工場を構え、ガラス加工の技術、基盤を中心に高度な技術と豊富な知識で、他社にはまねできないガラスの精密加工製品を提供する会社である。

※炎を操るガラス加工のプロフェッショナル

―御社の事業内容を教えてください。

 

弊社は、ガラスの精密加工技術を基盤として、医療用・理化学用ガラス部品、工業用ガラス製品さらにはX線管などの研究・開発・製造・販売を行っています。

弊社の技術の原点は、ガスバーナーの炎によるガラス加工です。ひとくちにガラスといっても、その成分によって化学的・物理的性質が異なります。またその日の天候によって炎の状態が変化します。そのような状況でも、高い技術をもった職人は、ガラスの特性を見極め、炎を自在に操って様々なガラス製品を生み出しています。このガス加工技術を発展させ、『ガラスセル』の製造を事業化しました。ガラスセルは、私たちの血液を分析する時に、採血された血液を入れる容器です。素管と呼ばれる丸い試験管のようなガラス管に四角い金型を入れ、真空を利用しつつ加熱すると、四角いガラスのセルになります。この製造方法には、弊社のノウハウが沢山つまっていて、出来上がりの精度が高いものとなっているため国内トップシェアを誇っています。

※ガラスセルの加工作業

―御社の強みを教えてください。

 

まず、ガラス加工の熟練した技術と豊富な経験を有していることです。たとえば、段シール加工という技法があります。物理的な性質である膨張係数が大きく異なるガラス同士を直接繋ぐことはできません。この技法は、数種類の中間ガラスを接着剤のように使い、そのような膨張係数の大きく異なるガラス接合するものです。また、ガラスと金属という、まったく異種の材料を接合する技術も持っています。

 次に、量産化に対応できる組織体制、現場へ権限移譲された組織力を有しています。具体的には、量産化に

向けた機械設備の開発や、人材育成に力を入れています。また、見積りなどが現場へ権限移譲されていて、その結果、お客様に早急な対応ができます。

これらのことは、ガラス加工業界内で広く認知されており、そのため、対外的な信用力が高くなっています。

※ガラス接合技術

―今後の展望を教えてください。

 

私たちは、他の会社があまり作らない、作りたがらない製品を中心に製造・販売を行っているガラス加工会社です。ガラス加工業界全体に言えることですが、高齢化によって継承が行われずに今にも廃れていきそうな技術が数多くあります。その中でも、弊社が得意としている「段シール」や「ガラスと金属との接合」などは他のガラス加工会社ではあまり行っていません。これらの技術を若手従業員に継承し、日本のモノづくりの伝統をしっかり守っていくことが重要と考えています。

※若手従業員への継承

そのような観点から、新規事業を立ち上げるべく、ステムと呼ばれる気密封着を用いた電力供給部品や、ハウスキーパーシールというガラスと特別な金属との接合技術を用いた製品の開発に着手します。ステムは医療や産業に欠かせないX線検査装置に搭載されているX線管に使用されています。ハウスキーパーシールは、ホウケイ酸ガラスのパイプと磁性を持たない金属(ステンレス、無酸素銅)パイプを直接接合する技術であり、用途としては、真空装置・分析機器・X線管などの部品です。

これらの技術は世界的に見ても絶滅寸前なのです。当社はガラス加工を中心としたものづくりの技術と科学の知識を融合させることによって、これらの技術を生まれ変わらせ、そして維持することによって、ガラス加工技術のオンリーワン企業を目指します。

ステム(左) ハウスキーパーシール(右)

代表取締役社長 鬼塚睦子

企業基本情報

会社名 株式会社鬼塚硝子(R4/3/31UP)
所在地 〒198-0023 東京都青梅市今井3-9-18
設立 1967年
資本金 3,000万円
従業員数
主要取引先
WEBサイト http://www.onizca.co.jp/