Facebook

  • 文字サイズ

企業検索

産学連携支援

イノタマ 公式Facebookページ

医療機器業界で培った微細・高難度の精密切削技術

20年以上におよぶ内視鏡部品加工の経験から、金属・非鉄金属・樹脂問わず多様な素材の微細・高難度の精密切削を得意とする。100台以上保有する多様な設備と、協力会社との連携で、ワンストップでの生産体制を構築し、お客様のどんなニーズにも対応する。

株式会社内野精工(H28/6/28up)

手のひらに乗るサイズなら、どんな素材でも形にします

20年以上におよぶ内視鏡部品の経験から、素材問わず「手のひらサイズ」の微細・高難度の精密切削を得意とする内野精工。複合旋盤をはじめとする100台以上の設備と30社以上の協力会社のネットワークをフル活用し、お客様の多種多様なニーズに対応する。

微細・高難度の切削加工技術をコアとしたワンストップ生産体制

―微細・高難度の切削加工を行うようになった経緯を教えてください。

 

創業当時から光学機器の細かい部品を下請けで加工していました。その後、アナログオーディオのピックアップ部品を製造した時期もあったのですが、CDの普及にともないアナログオーディオ市場が衰退。そんなときにある精密機器メーカーと出会い、医療機器の部品加工を請けるようになりました。20年以上前の話です。それから内視鏡の部品を数多くやらせていただき、着実に微細・高難度な切削加工の技術力を高めてきました。今では並大抵の難易度ではない図面にも驚かなくなりましたね(笑)。

複合旋盤をはじめとして様々な種類の設備を100台以上保有していますので、大抵の加工は社内で対応可能です。表面処理や熱処理等は協力会社で加工を行い、ワンストップでお客様のニーズに応えています。

 

―素材はどのようなものに対応していますか。

 

切削加工の企業では、素材の硬さによって得手不得手があることが多いのですが、弊社は光学機器、オーディオ、医療機器分野等の経験から、様々な素材の加工の実績があります。今では金属・非鉄金属や樹脂の硬い素材から柔らかい素材まで、どんな素材でも加工可能です。新製品の立ち上げ段階から関わらせていただき、お客様の用途に合わせた素材の提案も行っています。

 

―どれくらい小さい部品まで加工できるのでしょうか。

 

現在量産しているもので最も小さい部品は、米粒大の大きさです。φ1からφ90までを複合旋盤を使って、丸棒から加工して削りだすことで低コストを実現しているのが特徴です。

細かく、複雑な切削加工を得意とする

細かく、複雑な切削加工を得意とする

東京・長岡の2拠点体制で、試作から量産まで対応

―長岡ではどのような仕事をされているのでしょうか。

 

東京本社では主に試作を行っています。長岡の第一工場、第二工場では量産加工をしており、社員70名が3交代で24時間稼働しています。

複合旋盤、マシニングセンタ、NCワイヤー放電加工機、平面研削盤、円筒研削盤、三次元測定機等、多種多様な設備を保有しており、部品加工であればほぼ社内で扱うことが可能です。表面処理、ダイキャスト、ロストワックス等については、30社程度ある協力会社と連携してワンストップ体制で対応しています。

多種多様な設備を保有する

多種多様な設備を保有する

独自の工程管理システムによる工程の見える化

―独自の工程管理システムを導入されているそうですね。

 

弊社の仕事内容に合わせてカスタマイズした工程管理システムを平成4年に導入しました。各設備の作業予定がガントチャートで表示され、社内全体で共有しています。一般的にはパソコンで社内共有をしますが、弊社では工場内にディスプレイを置いて、見える化を推進しています。お客様もご自身が発注した部品がどういう状態なのかがご覧いただけます。

また、医療機器業界では、製品15年、メンテナンス7年の保証が義務付けられているため、ひとつひとつの部品をいつ誰が作ったものかがわかるようになっています。

部品加工だけでなく組み立ても

―今後の展望をお聞かせください。

 

 長年にわたる内視鏡部品の実績を踏まえて、医療機器業界に注力していきます。ここ数年営業に力を入れてきた結果、1機種あたり10数点の部品加工を受注できるまでになりました。さらに今年から新しい取り組みとして、試作段階ではありますが、弊社で加工した部品を組み立て(サブアッシー)て納める仕事も始めました。組み立て専用の部屋も新たに用意して、量産に対応できるよう準備をしているところです。

医療機器と言っても実に様々な種類がありますので、内視鏡以外の機器にもチャレンジし始めています。幅を広げていくためにも、東京都中小企業振興公社が主催する新技術創出交流会等を活用して、医療機器メーカー様と出会い、受注につなげていきたいと思います。

代表取締役社長 内野 進氏

代表取締役社長 内野 進氏

専務取締役 内野 誠氏

専務取締役 内野 誠氏

 

取材:2016年5月16日

企業基本情報

会社名 株式会社内野精工(H28/6/28up)
所在地 〒186-0001 東京都国立市北3丁目27番地の9
設立 1957年(昭和32年)3月
資本金 9,000万円
従業員数 80名
主要取引先 医療機器メーカー、精密機器メーカー等
WEBサイト http://uchinoseiko.co.jp
所在地 〒940-2117 新潟県長岡市石動南町50番地5