Facebook

  • 文字サイズ

企業検索

産学連携

イノタマ 公式Facebookページ

高度なガス流量測定技術で世界進出

工業用ガスメーターという分野で確固たる技術を確立し、早い時期から世界市場を見据えての営業ルート開拓や国際規格への対応を推進。世界レベルの製造・校正システムが生み出す信頼性の高い製品は、世界市場でも高評価を獲得している

株式会社 シナガワ

世界レベルの検査・校正システムが生み出す高精度ガスメーター

気体の流量を積算値で測定する工業用ガスメーターの製造と、各種気体用流量計の校正事業を展開。国際規格に基づく校正システムを構築し、国内市場においてほぼ独占的な地位を確立する一方、海外市場にも積極的に進出。JICA研修生の受け入れや外国人社員の採用など、海外志向の人材交流・人材育成にも意欲的に取り組んでいる。

校正室

世界屈指の精度と耐久性を誇る工業用ガスメーター

家庭や店舗などに設置されているガスメーターは、都道府県が設置する検定所での検査に合格することが義務付けられているが、シナガワはその検定で用いる「基準器」を製造している国内唯一のメーカーだ。シナガワが手掛ける「積算流量計」は、ガスメーターの「基準器」以外にも、環境中に放出される有害ガスの測定や、エンジン内の未燃焼ガスの測定など、様々な用途に用いられており、納入先にはガス会社や自動車メーカー、大学の研究室などが名を連ねる。

シナガワの製品が高く評価されるポイントは、その精度と耐久性だ。計量計測の校正に関する国際規格ISO/IEC 17025に準拠した検査・校正施設を社内に構築することで、製品一つひとつに高い精度を保証。また、設計・製造の精度はもとより、腐食や劣化を最小限に抑えるべく、部品の材質にまでこだわって長寿命を追求。「正しい精度が、長く続く」という、計測機器にとっては必要不可欠な要件を極めて高い水準で実現している。その信頼性は、海外でも評価が高く、これまでに累計で68カ国への輸出実績を持つ。

42_1_right

世界で通用する測定機器校正システム

シナガワが構築している高度な検査・校正施設および品質管理体制は、自社製品の品質保証という目的だけでなく、企業や研究機関の依頼を受けて各種気体用流量計の校正を行う事業にも活用され、高い信頼を獲得している。

一般的な校正はもちろんのこと、JCSS(計量法校正事業者登録制度)の認定事業者として、ISO/IEC 17025に基づく校正作業およびJCSS認定の校正証明書を発行するという業務も行う。また、シナガワは、気体流量の分野での国際MRA(国際的な相互承認協定)に対応した事業者として認定されているため、その校正結果や測定数値は日本だけでなく世界各国で通用する。

このような世界的レベルの検査・校正施設を運営する一方、シナガワではさらなる改善も計画している。校正室を無人化することで、人間の体温や照明による温度変化など、測定の誤差につながるノイズを排除し、校正のクオリティを向上させようというのだ。

自動搬送車を使って機器を校正室に運びこみ、湿式ガスメーターであれば水やオイルの注入を自動で行い、その後も各種センサーの取り付けから一連の検査及び校正工程の完了までを完全自動化。しかも、作業上の出入りによる室温の変化が少ない夜間に行うことで、より一層の品質向上と稼働時間の延長を目指している。

9-3

 

 

「新たな市場への進出と新たなニーズの喚起を目指す」

代表取締役 関谷 実利さま

代表取締役 関谷 実利さま

海外展開について

「約20年前から海外市場への進出を続け、直接取引を中心にした海外営業と、世界基準への対応を行ってきました。大きな目標として100カ国での販売を掲げていますが、直近のターゲットとしては、中国を中心としたアジア市場に注目しています。なかでも、特に可能性を感じているのが環境分野。中国などでは、環境基準はあるものの有名無実化しているというのが現状でしたが、最近では環境基準の順守が強く求められる状況が生まれています。そうなれば基準を守るための各種検査機器の需要も生まれ、これは当社の製品にとっては大きなチャンスです。すでに中国の関係者から高い評価も得ており、確かな手ごたえを感じています。」

 

今後の展望について

「海外展開と並行して、新製品開発も重視しています。2012年に発表した機器の水平を保つ「自動水準台」水平装置とガスメーターを合体させた製品のように、より機能的な製品を生み出すことで、買い替え需要の喚起を図りたいと考えています。また、機能性ばかりではなく工業デザインという観点も導入し、“使い勝手”という面でも改善を加えていきたい。

海外市場への進出という点では、新興国向けの商品開発も計画しています。例えば、メンテナンス性を省略するかわりに安価に提供できる製品などを開発し、当社の製品を使いたくても価格が高くて手が出ないというニーズにも、しっかりと対応していきたい。」

 

取材:2014年1月

改訂:2016年4月

企業基本情報

会社名 株式会社 シナガワ
所在地 〒206-0811 東京都 稲城市 押立 863
設立 昭和54年
資本金 1,000万円
従業員数 20名
主要取引先
WEBサイト http://www.shinagawa-net.co.jp