Facebook

  • 文字サイズ

企業検索

産学連携支援

イノタマ 公式Facebookページ

高精度・高難度な切削加工全般

角度情報を多く含んだ難形状や高精度加工を要求される三次元試作モデル、切削が難しい素材など。高精度・高難度切削加工のクリアには世界中から集めた機材・工具と最新技術が必要とされる。さらにそれを支えるのは長年培った経験=職人技だ。デジタルとアナログ。最新技術と職人技。この両輪なくして、月井精密(株)の高品位部品加工は成しえない。

月井精密(株)

技術と精密さを、伝統と若さで

月井精密(株)は精密機械部品の加工メーカー。先進技術を積極的に取り入れると共に、蓄積してきた昔ながらの技術・経験を生かすことで高精度・高難度な要求を形にし続けてきた。衛星部品、航空機部品、モーターレース用部品、医療機器、光学機器、電子機器など精密加工を必要とする様々なジャンルへと部品供給を行なっている。特に国の研究機関や大学、研究所から試作品作成を依頼されることが多い。ものづくりの誇りを守りつつ、一歩先の技術力を目指す加工メーカーである。

高品質の試作品

高品質の試作品

最新のコンピュータ制御 + 昔ながらの職人技

試作品にも最高品質を提供

五軸加工機を始め、月井精密(株)が所有するマシニングセンターは高精度な加工物を素早く形にできる。アルミニウム、ステンレス、銅、真鍮、チタン、鉄合金鋼、樹脂など様々な素材、そして顧客の求める様々な機能と形状に対応すべく、機械・ホルダ・刃物のゴールデンバランスを目指し、世界中から工具を集めている。多品種少量生産に素早く対応できるのが特徴だ。ミクロン単位の切削を繰り返し、正確に行うためには最新技術が必須。パソコンで作成した二次元・三次元CADデータを直接機械に転送して加工するなど、最新技術を駆使することで精度のみならずスピードも上がる。それによりコストも大きく変わるだろう。

 

一方、自動制御では難しい規格外形状には、昔ながらの職人技が生きてくる。機械と刃物を選ぶ、測定具を使う、治具を作る。そういった様々な職人技が顧客の要求に応えていく。月井精密(株)が研究機関からの試作品に強いのは、最新の自動制御と昔ながらの職人技を両立させることで、規格外の要求となる試作品にも応えられるからであろう。

作業風景

作業風景

切削鏡面加工

新技術「切削による鏡面加工」で受賞。

金属面を鏡のような反射面になるまで磨きこむのが鏡面加工。だが、月井精密(株)は「磨く」ではなく、「切削」によってその鏡面加工を実現した。そこまで精密な「削り」技術ということである。月井精密(株)は2010年12月、「文部科学大臣表彰創意工夫功労者賞」をこの新技術、「切削による鏡面加工」で受賞した。さらに2011年2月には産業技術関連企業が多数集まる八王子市で「八王子市ものづくり産業表彰」を同技術により受賞している。

 

切削による鏡面加工は単に切削技術の高さを示す象徴というだけではない。磨きという工程が省かれ、従来よりも加工スピードが上がるということでもある。高い技術による工程集約、工数削減。これこそ「高付加価値化・高品質化・高速化」にチャレンジし続ける月井精密(株)ならではの成果であろう。

鏡面加工

鏡面加工

技術伝承と若手育成で、各種試作品に対応

代表取締役社長 名取 磨一さま

代表取締役社長 名取 磨一さま

-御社の特徴を一言でいうと何でしょうか。

「技術伝承と若手の育成。今日のように日々変化してゆく最先端技術の世界で、加工の要求に応えていく。そのためにはベテランと若手の共同作業だけでは維持できない。また、伝統芸能のように若手が技術を継承するだけでも成り立たない。ベテランの技術を継承した若手が、最新技術を身につけて初めて継続できることだと思う。培った技術を継承し、ITなど最新技術を使いこなすべく若手を育成しているのが特徴だ」

-その具体的な方法は。

「データベースの作成と活用。加工オペレーターには機械操作だけでなく、幅広い知識が求められる。そのため、加工方法、加工手順、工具データ、切削条件など、必要とされる情報を映像化・数値化してデータベースにしている。こうして蓄えた豊富なノウハウをいつでも社員が閲覧・更新できるよう一括管理している。また、それを編集した育成マニュアルも作成している。さらにデータベースを基に社内で作成した昇段試験を半年に一度行なっている。こうして加工操作を担えるまでの若手育成期間が大幅に短縮されると共に、オペレーターごとの品質差を減らすこともできた」

-今後の展望をお聞かせください。

「創立以来、職人が長年育んできた“技”を継承した若い世代。彼らがIT技術による最先端のコンピュータで制御された工作機械を操作することによって、様々な素材による高精度・高難度な切削加工に挑戦し続けてきた。研究機関や大学からの要求に応え、数多くの試作部品を納品してこられたのはその証だ。切削鏡面だけでなく、今後も職人の技+世界中から集めた最先端技術で、一個からの部品試作の要求に応え、社会の未来に少しでも貢献したい」

 

取材:2012年9月

企業基本情報

会社名 月井精密(株)
所在地 〒192-0352 東京都 八王子市 大塚637
設立 昭和56年
資本金 1,000万円
従業員数 10名
主要取引先 大手メーカー(研究所)、大学・公的研究機関
WEBサイト http://www.tsinc.jp/