• 文字サイズ

企業クイック検索

キーワードで検索
業種で選ぶ
地域で選ぶ

東京23区

多摩地区

50音で選ぶ
一覧を見る

ITを活用した技能教育への新しい提案

団塊世代が大量に退職する「2007年問題」をきっかけに、技能伝承を手軽に実現するために開発した「EduSolution」。人手不足が深刻化するなか、時代のニーズに合わせた機能を追加した製品ラインナップを展開。技能伝承・人材育成のソリューションとして注目を浴びている。

有限会社創造デザイン(H29/9/5up)

技能伝承をサポートする「Eduシリーズ」

技能伝承のための映像マニュアルを手軽に作れる「EduSolution」や、遠隔地に対しリアルタイムに技術指導・支援ができる「EduNet」などの「Eduシリーズ」製品に加えて、お客様の要望に沿ったカスタマイズを行い、技能伝承・人材育成のソリューションとして提案をしている。

技能伝承をサポートする「Eduシリーズ」

技能伝承をサポートする「Eduシリーズ」

団塊世代の大量退職『2007年問題』の解決策として開発

―御社の事業内容を教えていただけますか。

 

主に製造業の方々の「現場の技能教育」をキーワードに、IT技術を活用した技能教育・技能継承のソフトウェアを開発・販売しています。製造業の現場ではOJTに頼った非効率な技能教育を行っていることが多いので、少しでも効率化できるよう様々な提案を行っています。

 

―どのような経緯で技能教育に特化されたのでしょうか。

 

弊社の社長は30年ほど前に日本の金型技術を学ぶために韓国から来日し、電化製品の試作品メーカーでCAD/CAMによる設計や部品加工に従事していました。その経験から、創業当時はNC工作機のシミュレーターを韓国から輸入して販売していたのですが、なかなか日本の要求仕様に合う製品がなく、自社で開発を始めるようになりました。そうして最初に開発したのが、NC工作機械の操作教育用シミュレーションソフト「PRO-CNC」で、主に工業高校等の教育機関で導入していただいています。

その後、取引先の教育機関から、企業では、団塊の世代がまもなく定年を迎え大量退職が発生する「2007年問題」により、若手への効率的な技能伝承のニーズがあることを知りました。それに対して弊社が何か貢献できないかと考えて開発したのが、技能伝承・映像電子マニュアル作成ソフト「EduSolution」です。

 

「EduSolution」の撮影風景

「EduSolution」の撮影風景

 

技能伝承の分野は非常にニーズが高く、ありがたいことに大手企業からも多くの引き合いをいただいており、現在では「Eduシリーズ」が主力製品になっています。

 

技能教育をサポートする「Eduシリーズ」

―「Eduシリーズ」について教えてください。

 

「EduSolution」をはじめとする技能教育用の製品を、「Eduシリーズ」として展開しています。

最初に開発した「EduSolution」は、技能伝承のための映像マニュアルを手軽に作れるソフトウェアです。大手メーカーでは技能伝承が課題になっており、映像マニュアルの制作に取り組むケースがよく聞かれますが、映像マニュアルの制作には非常に手間と時間がかかります。その中でも特に、撮影した動画の編集に苦労されていることがわかりました。そこで、パソコンの知識があまりない方でも、簡単に熟練者目線の映像を撮影し、手書きと音声の説明を加えた動画が作れるよう工夫しました。作業の様子を複数カメラで同時撮影し、撮影した映像に手書きマーキングと音声による解説を追加できます。

 

手書きマーキングで説明を追加

手書きマーキングで説明を追加

 

作成した映像マニュアルは、既存の手順書やマニュアルと一緒に電子ブック形式で保存します。一方、閲覧する側では専用ソフトを必要としない点も特徴です。

 

電子ブック形式で閲覧ができる

電子ブック形式で閲覧ができる

 

その後、グローバル展開している企業から、海外工場の作業員に対する指導・教育用ソフトウェアのニーズがあり、開発したのが「EduNet」です。1Mbpsの低速なインターネット回線でも使用できる点が最大の特徴です。WiFiルーターやスマートフォンのテザリングを使った通信など、回線環境があまりよくない海外でもご利用いただけます。ライブ動画や図面・写真・資料・各種アプリケーションを共有し、手書きのマーキングを双方向で行いながら音声会話もでき、PCのリモート操作もできるので、リアルタイムに技術指導・支援をすることが可能です。また、貴重な情報が外部漏洩しないよう、この製品にはAES256という最新の暗号化技術を採用しています。

さらに、フルHDの映像を転送したいというニーズに応えたのが「EduNet Hybrid」です。送信側に映像を圧縮する専用ハードを用い、それ以外の機能は「EduNet」が行うことで、フルハイビジョン映像の画質を落とさず転送できます。

 

既存ソフトをベースにこまかな顧客要求にも対応

―お客様のご要望に合わせたカスタマイズも可能でしょうか。

 

弊社は従業員4名の小さな会社ですが、全員が技術と営業を兼任しています。製品はすべて自社開発していますので、お客様の多様なご要望に対応することができます。ご相談いただければ、オペレーションから技術面まで、仕様を検討させていただきます。日本の大手企業のお客様の場合は情報漏洩を気にしますので、閲覧するデータを相手側に送らずに共有したり、PC画面上の特定エリアのみを共有する機能を追加したこともあります。

 

製造業以外の技能伝承・遠隔指導のニーズを開拓

―東京都中小企業振興公社の事業をうまく使っていただいていますね。

 

弊社の課題の一つが営業力なので、それを補うため新製品が出るとニューマーケット開拓支援事業を活用して販路を開拓しています。直近では、「EduNet Hybrid」で利用させていただいています。また、助成金では展示会への出展費用助成を利用しており、大変助かっています。

それ以外にも、新技術創出交流会に過去4回参加させていただいたり、「PRO-CNC」は海外販路開拓支援事業を活用したりしています。

 

セールスマネージャー 鹿又 祐二氏

セールスマネージャー 鹿又 祐二氏

 

―今後の展望を教えてください。

 

今後は新製品の「EduMultiCapture」と「EduMultiPlayer」を含めた「Eduシリーズ」で、技能伝承・遠隔地支援のソリューションを強化していきます。「EduMultiCapture」は、頭上・左・右・目線の4画面同時撮影により熟練者の目線と動きを収め、勘・コツを表現した動画を簡単な操作で撮影することができ、さらに、動画上に手書きマーキングや音声説明を加えることでより理解しやすい動画作成が可能になるという製品です。「EduMultiPlayer」は、習熟者の映像(標準映像)と未熟者の映像(比較映像)を比較して、最大16画面で比較できる作業分析ソフトウェアです。標準映像と比較映像を最大0.01秒単位で再生しながら、違いを比較し、作業の無駄がある箇所を特定し、作業改善・技術レベルの向上を図ることができます。

また、「Eduシリーズ」は製造業が主要顧客ではありますが、遠隔地支援として建築土木現場、医療現場にも活用したいという声をいただいていますので、今後は建築土木や医療関係の展示会に出展し、新たな分野に展開していきたいと考えています。

近頃はスマートデバイスの利用が増加し、現場でもiPadの利用が多くなっています。弊社製品もiOSに対応すべく、開発を進める予定です。

 

取材:平成29年7月31日

 

企業基本情報

会社名 有限会社創造デザイン(H29/9/5up)
所在地 〒194-0212 東京都町田市小山町3643-5
設立 平成11年
資本金 300万円
従業員数 5名
主要取引先 自動車メーカー、大手電機メーカー、教育機関等
WEBサイト http://sozodg.com