ブックタイトル平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

ページ
11/240

このページは 平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート の電子ブックに掲載されている11ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

※平成26年(2014年)8月25日時点の情報です。技術アピールシート技術分野加工キーワード微細ワイヤーカット油加工微細小物試作会社名有限会社オクギ製作所〒203-0042所在地東京都東久留米市八幡町資本金500万円従業員数6名3-14-27部署名代表取締役社長担当者和氣幸博連絡先TEL042-471-0867FAX042-478-2076URLhttp://members.jcom.home.ne.jp/okugiE-mailywake@jcom.home.ne.jp主要事業ワイヤーカット油超精密加工、特殊フィルム抜き加工、並びに金型作製PRポイントPR詳細細線0.03~0.07の、ワイヤーカット油微細加工に特化しております。加工面精度の向上には、油加工が適しております。寸法精度の要求にも対応出来ます。時計関係の精密加工に始まり、20年ぐらいの微細油加工の経験を持ってます。いろいろなデーターを所有しており、あらゆる微細加工に対応できます。最近では医療関係の微細加工も手掛けており、よりバリの出ない加工にもマイクロスコープ等を使用し、取り組んでおります。油加工は、チタン、ステンレス、超硬など多くの加工材料に、大きな優位性を持っており、酸化被膜が少ない加工で、より綺麗な面精度0.2μ程、より良い寸法精度を求めることが出来ます。小径ワイヤーを使用することで、最少Rは、0.02ぐらいまで可能で、小径の角穴のRも綺麗に仕上げることが出来ます。その他、フィルム抜きを行っており、厚板では、PCの、2mmぐらいまでの製品をプレス抜きする金型を作成することが出来、また量産も行っております。量産用自動送り装置付き安全プレス機も、所有しており、社内では特殊積層フィルムの抜き作業、厚さ1.5mmのPC材抜き作業などを行っております。成形品のトリムングなどにも取り組んでおり、精密な小物のトリミングなど、他社で不可能な加工にも取り組んでおります。切断面を綺麗にする金型の作成などを、首都大学東京との共同研究、またワイヤーカットの最適値解明に協力をして頂いております。最近では、マイクロ鉗子の先端部の微細溝加工に取り組んでおり、0.03ワイヤーで極細溝の、最適条件での加工などを行って、加工条件等のデーター蓄積を行い、さらなる微細加工に取り組んでおります。特記事項首都大学東京の真鍋教授との“樹脂材料の抜き評価に関する共同研究”で、機械学会で発表致しました。6