ブックタイトル平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

ページ
181/240

このページは 平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート の電子ブックに掲載されている181ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

※平成26年(2014年)8月25日時点の情報です。技術アピールシート技術分野キーワード材料アルミセンターレス研削材料精密切削会社名橋永金属株式会社資本金1,000万円従業員数12名部署名営業部担当者久保田長吉〒152-0022所在地東京都目黒区柿の木坂3-3-2連絡先TEL03-3421-1916FAX03-3412-7404URLhttp://www.hashinaga.co.jpE-mailkubota@hashinaga.co.jp主要事業非鉄金属材料及びその加工品の販売PRポイント非鉄金属材料と加工技術を高次元でコーディネートします。アルミセンターレス研削材料の精度・特徴を御社の製品に生かして下さい。アルミセンターレス研削材料の特徴1、長尺材料(長さ2500 mm)の全長にわたり高精度(外径公差h5クラスも対応可能)2、矯正加工による曲がり精度が高い(実績値として、4μm/100 mm)自動機での振れない程度に矯正を行います。3、一般公差h7での保証の為に主軸移動型のNC旋盤に最適な素材です。1)製作部品の精度向上→真円度、同軸度の精度向上2)歩留向上→寸法・曲がり精度が高い為に加工損失が少ない3)工程削減に貢献します。→素材寸法のバラツキが少ない為に選別の必要なし4、対応材質及び寸法1)材質は、1000系から7000系までの素材及びメーカー開発合金まで対抗します。2)加工寸法は、最少φ2.0~最大φ30まで(その他は要相談)PR詳細5、センターレス実績1)A6061B-T8φ6.5~φ14×2500外径公差+0/-0.006曲がり4μm/100 mm以下2)真円度測定実績φ12.4 mm 0.524~0.677μm採用事例加工品特記事項176