ブックタイトル平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

ページ
75/240

このページは 平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート の電子ブックに掲載されている75ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

※平成26年(2014年)8月25日時点の情報です。技術分野加工キーワード接合・熱対策会社名久保金属株式会社資本金1,960万円従業員数14名部署名環境対策室担当者久保祐一〒193-0832所在地東京都八王子市東浅川町539-2連絡先TEL042-661-1165FAX042-664-0645URLhttp://www.kubo-kinzoku.com/E-mailkubo-y@kubokinzoku.com主要事業精密金属製品、非鉄金属卸、環境対策技術PR ポイント異種材料接合技術iMPACT工法技術の提供⇒マルチマテリアル化に対応する塑性変形を応用した異種材料接合技術ですマルチマテリアル対応異種材料接合iMPACT技術マルチマテリアル化が進む市場より、塑性変形を応用した異種材料の接合技術の提案です。◆iMPACT工法によるマルチマテリアル接合技術(特許取得)マルチマテリアル化が進む中、適材適所が求められる市場より、異種材料の接合技術は、重要なキーテクノロジーと位置付けられてきました。当社塑性変形を応用した接合技術である「iMPACT」による解決も、ひとつの道ではないかと提案させて頂きます。実績は、OA機器向精密シャフトから始まり、高性能ギア、検査装置用プレート、工作機用ステイなど、多くの設計者より検討試験を経て採用に至っております。また本技PR詳細術は、日本アルミニウム協会より協会技術賞を受賞(平成24年度)を頂き、皆さまの目に触れる事が多くなってきております【ローラ端部】【複写機向ローラ】【IMPACT接合断面】特記事項◆久保金属当社は昭和21年伸銅品問屋として創業、主として伸銅品・非鉄金属材料において、アイディアを活かした独自の金属接合・加工技術および熱計算技術・加工技術を活かした熱対策製品に力を注いでおります70