ブックタイトル平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

ページ
76/240

このページは 平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート の電子ブックに掲載されている76ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

技術アピールシート技術分野キーワード※平成26年(2014年)8月25日時点の情報です。加工拡散接合会社名株式会社ヤマテック〒190-1232所在地東京都西多摩郡瑞穂町長岡資本金1,000万円従業員数17名3-3-5部署名代表取締役担当者山口和範連絡先TEL042-557-5660FAX042-557-5661URLhttp://www.yama-tech.comE-mailKazu.yamaguchi@yama-tech.com主要事業精密拡散接合(接着剤等を使わず接合面に生じる原子の拡散を利用した金属接合法)・面と面の接合:面接合の為、接合後の加工(タップ・シボリ・曲げ等)で剥離の心配がない。SUSを中心に、ニッケル系、銅系、アルミ合金、チタン、またステンレス+銅など同士の接合が可能。(詳細はご相談ください)・ミクロン単位の精密加工が可能:フォトエッチングや切削加工により制作された精密部材を、PRポイントズレやひずみなく積層し、接合する技術を確立。・製品(部品)の小型、精密化(様々な大きさ、形状に対応):様々な製品サイズに対応する為、専用の治具を用意、大判サイズは最大1000×1000mmの接合が可能・今まででは作れなかった、構造が複雑な部品の製造:複数プレートを積層することにより、切削加工等の金属加工では難しい複雑な形状や流路構造を制作することが可能。加工例:熱交換器、流路、メッシュ・フィルター、燃料電池セパレータなど中空構造の冷却ブロック、材質C1100流路AI6061PR詳細ハニカム構造SUS304t0.5 50枚積層SUSt0.05にφ0.075の多穴加工,30枚積層後.円筒化A,B交互に各2枚ずつ計4枚を積層し接合吸着板(拡大図):SUS304 75枚積層特記事項ISO9001:2008(2008年4月15日取得)71