ブックタイトル平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

ページ
87/240

このページは 平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート の電子ブックに掲載されている87ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成26年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム事業 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

※平成26年(2014年)8月25日時点の情報です。技術アピールシート技術分野キーワード加工微細精密成形会社名株式会社東光通商資本金1,800万円従業員数15名部署名営業推進本部担当者出浦康次〒192-0034所在地東京都八王子市大谷町399-1東光ビル連絡先TEL042-644-8860FAX042-644-5305URLhttp://www.tokotsusho.co.jpE-mailtoko@tokotsusho.co.jp主要事業MIM(ミム/金属粉末射出成形)部品の試作・量産PRポイントMIM(ミム/金属粉末射出成形)製品において、製品の開発・設計・試作から金型製作、ベトナム自社工場を中心とする大量量産まで一貫生産体制の確立。PR詳細MIM(ミム)とはプラスチック射出成形技術と粉末冶金技術との複合加工技術から生まれた金属粉末射出成形品です。<MIMの主な特徴>1.三次元のデザインが可能プラスチックの射出成形品やダイキャスト品同様、複雑な形状の金属成形部品が量産可能。2. 98%の高密度化に成功従来の粉末治金では83~85%の密度だったが、MIMは87~98%の高密度を実現。3.寸法精度は±0.5%以下バインダーによって金属粉を金型キャビティに流し込む成形法のため、内部応力・粉末充填密度が均一で、収縮も等方的。このため、形のゆがみがなく、高精度の寸法が得られる。また、バリの発生も少ないのも特徴で、高精度維持に役立っている。4.成形材料は多種類を用意高融点材をはじめ、難加工材・複合材など数多くの金属材料で部品成形が可能。5.経済的な粉末治金部品MIMの生産性は射出成形のプラスチックに劣らない能力があり、特に小物部品の大量生産において、大幅なコスト低減が図れる。特記事項82