ブックタイトル平成27年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

ページ
153/330

このページは 平成27年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート の電子ブックに掲載されている153ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成27年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成27年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 参加申込企業 技術アピールシート

技術アピールシート※平成27年7月15日時点の情報です。ふりがな会社名おーばーとーん技術分野電気・電子・光学オーバートーン株式会社キーワードLSIの設計開発(東京オフィス)〒103-0026設立2010年1月所在地東京都中央区日本橋兜町18-5資本金6,300万円従業員数8名日本橋兜町ビル2F部署名事業企画部担当者松本義裕連絡先TEL03-6661-7186携帯090-1538-8421URLhttp://www.overtone.co.jp/E-mailyoshihiro.matsumoto@overtone.co.jp主要事業独自技術を核とした半導体デバイス向け設支援ツールとIPコアの開発及び販売技術サポート、デザインサービス、教育/トレーニング、コンサルティングの提供PRポイントチームの設計効率と品質が上がる手法をお教えします!PR詳細組込機器の中核部品である半導体デバイス(LSI)を開発しているお客様に対して、開発の下流工程からの手戻りを削減、設計現場をカイゼンします。・タイムリーな製品投入(開発期間の短縮)・開発リソースの平準化(開発要員の容易な確保)・想定外費用発生リスクの低減(コストの最適化)・エンジニアのスキルアップ(上流工程へシフト)組込機器開発の仕様検討の段階から、弊社独自の設計支援ツール(製品名NSL Overture)を活用し、要求に合わせた専用LSI(ASIC/FPGA)を開発。既存のRTL手法と比較し、上流工程の設計工数は半減、生産性は5倍向上します。また設計されたデータではなく仕様書レベル(ダイアグラム)で情報を共有し、開発関係者の意思疎通が容易となり設計の品質が向上します。【製品/サービス概要】◆設計支援ツール(製品名NSL Overture):開発の上流工程で用いられる仕様記述言語UMLと既存ハードウェア記述言語によるRTLフォーマット(Verilog-HDL/VHDL/SystemC)をシームレスにつなぐ、弊社独自の技術NSLを核としたハードウェアの開発環境です。◆デザインサービス:ロボットやIoTなどの組込機器に必須となる通信処理やセンシング(信号処理)に対応し、仕様や方式検討の段階から対応、高品質なLSI(ASIC/FPGA)開発を請け負います。またARM(AXIバス)に対応したIPコアの開発やLSIの検証作業、手法の教育/ツールトレーニングだけでなく、設計効率改善のコンサルティングにも対応します。特記事項(NPO)パルテノン研究会(http://www.parthenon-society.com/)から派生し、2010年に設立したスタートアップ企業です。151