ブックタイトル平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ページ
109/410

このページは 平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集 の電子ブックに掲載されている109ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

技術アピールシートひきふね株式会社ヒキフネ技術分野技術キーワード※平成30年5月18日時点の情報です。加工高精密めっき所在地[本社]〒124-0014東京都葛飾区東四つ木2-4-12資本金2,400万円従業員数130名設立年(西暦)1932年主要事業めっき加工Webサイトhttp://www.hikifune.com連絡先(部署・氏名)技術部部長小林道雄TEL 03-3696-1981 Eメールkobayashi@hikifune.com?得意な技術・製品機能性装飾めっき、超精密Ni電鋳および特殊表面処理から生まれる新しいめっき技術?得意な顧客・市場分野車載部品、精密産業機器、デジタル家電など?生産拠点・研究体制国内:本社東京都葛飾区、技術同場所、海外:タイチョンブリ?特記事項(取得資格・認証等)ISO Q 9001(1999年取得)、ISO Q 14001(2008年取得)PR詳細製造拠点がアジア新興諸国へ急速に移り変わる中、我々は何をすべきか、何を伝えたいのか。ヒキフネの答え、それは「伝統」「和」です。日本人の持つ感性や繊細さをMade in Katsushikaで表現し全世界へ発信したいという想いです。◆めっきによる色調のバリエーション(プレミアムカラー)「めっきで青・緑などの色があれば」との要望につき業界初の「めっき+α」で色めっきが創生されました。めっきは金属を電気的に析出するため色調は銀色系・金色系・銅色系・黒色系が知られているに過ぎません。プレミアムカラーは種々の色調を安定して施すことができます。さらに耐食性も中性塩水噴霧試験連続72時間(JIS H 8502)、対指紋性もクリアされています。写真.青、黄、赤、緑カラーバリエーション◆積層Ni/Cu電鋳ベルト当社の20~40μm積層電鋳ベルトは、電解ニッケルおよび銅めっきの皮膜物性をコントロールすることにより、変形に対する耐久性を著しく向上することができました。対応可能な寸法はφ3~φ30×400mmとなります。40 ミクロンのNi/Cu/Ni ベルト◆無反射・光吸収皮膜6価クロムイオンを含有する黒クロムめっきが使用禁止になり、無電解Ni合金の黒色化を進めて来ました。表面の凹凸形状を制御することで可視光の全波長領域での光吸収を得ることができました。最近では半導体製造装置に広く用いられています。黒色無電解ニッケル◆製品受注当社の基幹技術のひとつにダイカスト手配からめっき加工まで一貫生産により、品質と生産性を飛躍的に高めることができました。亜鉛やアルミニウムのダイカストは素材に多くの欠陥が見られます。めっき加工側からダイカスト加工への技術展開は、最終製品への品質向上へと繋がりました。デジタル家電、車載部品へと広く採用されています。亜鉛ダイカスト製品110