ブックタイトル平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ページ
120/410

このページは 平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集 の電子ブックに掲載されている120ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

技術アピールシートまさおぷれす株式会社マサオプレス技術分野技術キーワード※平成30年5月18日時点の情報です。加工試作、鈑金、プレス、レーザー、金型、バレル研磨、組立[本社]〒210-0826神奈川県川崎市川崎区塩浜4-4-6所在地[都内所在地]〒144-0047東京都大田区萩中2-11-18資本金1,000万円従業員数8名設立年(西暦)1979年主要事業提案設計・開発試作・小ロット量産Webサイトhttp://www.masaopress.co.jp連絡先(部署・氏名)代表宮澤章TEL044-270-3400Eメールakira@masaopress.co.jp?得意な技術・製品?得意な顧客・市場分野?生産拠点・研究体制?特記事項(取得資格・認証等)ステンレス部品加工インフラ・エネルギー川崎工場ISO9001:2015 ISO14001:2015蒲田工業協同組合・(社)大田工業連合会PR詳細ステンレス製品の最速立上げ+小ロット量産マサオプレスは1979年に大田区で設立、板バネの試作から始まった経験と知識を用いて良品質の試作品を短納期で製造、お客様の開発競争力の向上に貢献いたします。特徴◯レーザー加工技術とプレス加工技術の複合加工による最適工法のご提案◯設計から試作、社内仮型製作で小ロット量産を短納期で提供◯組立アッセンブリを大田区ネットワークで一貫生産◯ISOによるコンプライアンスの遵守長年のステンレス加工での実績、多くのノウハウを蓄積しておりますので開発の段階から量産時に発生しうる問題点を提起し、早期に課題解決します。また最適なプロセスで開発コスト低減と早期市場投入を目指します。123