ブックタイトル平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ページ
123/410

このページは 平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集 の電子ブックに掲載されている123ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

技術アピールシートみたかせいこう技術分野 加工技術キーワード 手仕上げに拠る超精密加工株式会社三鷹精工所在地 [本社]〒196-0021 東京都昭島市武蔵野3-2-32資本金 1,000 万円 従業員数 27 名 設立年(西暦) 1966 年主要事業 精密部品類、各種ゲージ類、送りねじ類、真円度測定機、静圧空気軸受Web サイト http://www.mitakaseiko.com/連絡先(部署・氏名) 営業課 棚瀬 成人TEL 042-543-5161 E メール tanase@mitakaseiko.com? 得意な技術・製品 ゲージ製造を基幹技術とした精密加工部品・真円度測定機? 得意な顧客・市場分野 半導体・真空・航空・宇宙向け精密機器の製造と測定 真円度測定市場? 生産拠点・研究体制 本社? 特記事項(取得資格・認証等) 2017 年度日本機械学会優秀製品賞を受賞(世界初の長尺シャフト用横型真円度測定機)PR 詳細あらゆる製品・部品の仕上がりの寸法(交差)を計測するために、当社が作っているゲージ自体の寸法精度は、非常にシビアです。厳しい精度が求められるゲージの製造技術が当社の基幹技術です。その高度な技術力で機械加工後手作業によるラップ・磨き・摺り合せ加工を付加して限界まで発塵を抑え、1 万分の一ミリの技で、人工衛星にも使われている超精密部品を作っています。現場型真円度測定機は、A3 サイズで設置可能で押しボタン一つで素早く簡単に測定が出来ます。世界初の長尺シャフト用横型真円度測定機は、2017年度日本機械学会優秀製品賞を受賞しました。一般社団法人日本機械学会2017 年度日本機械学会優秀製品賞受賞126※平成30 年5 月18 日時点の情報です。