ブックタイトル平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ページ
126/410

このページは 平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集 の電子ブックに掲載されている126ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

技術アピールシートみやませいこう技術分野 加工技術キーワード 精密切削・研削・研磨株式会社三山精工所在地 [本社]〒181-0014 東京都三鷹市野崎1-18-1資本金 1,000 万円 従業員数 70 名 設立年(西暦) 1967 年主要事業①金属部品(アルミ・黄銅)切削加工、樹脂フィルム・粘着テープ・スポンジの打ち抜き加工②金融・通信端末等の精密機器組立、検査。Web サイト http://www.miyama-seiko.co.jp/連絡先(部署・氏名) 管理部 田中 卓(たなか たかし)TEL 0422-47-7426 E メール tanaka@miyama-seiko.co.jp? 得意な技術・製品 幅広い材料の加工が可能です。? 得意な顧客・市場分野 医療、金融、電子部品? 生産拠点・研究体制 東京本社・工場 群馬・小川工場 群馬・白倉工場 群馬・福島工場? 特記事項(取得資格・認証等) 部品の加工から組み立てまで一貫した製造も可能です。PR 詳細【金属切削加工事業】弊社には3種類の工場があり、三鷹市の本社工場ではマシニングセンタを駆使したアルミ、ステンレス、黄銅などの切削・加工を行っております。起業当時(1966 年)にマイクロホンの部品加工からはじまり、現在では医療機器、計測機器等の部品の加工を主に行っております。【ビク型打抜加工事業】当社のビク型打抜加工事業は三山精工 群馬・小川工場が行っております。ビク型打抜加工とはビク型(トムソン型)と呼ばれる抜型(木板に抜型の刃を埋め込んだもの)を打抜機にセットして、素材を打ち抜く加工のことです。型代が安く、数千円~1 万円程度で型を作成できます。絶縁シートとして使用されるフィルム、ポリアミドなど、また吸音材として多く用いられるウレタンフォーム、緩衝材として利用されるネオプレンゴムなど、複雑な仕様が求められる素材の打抜加工を行っています。さらには裁断、曲げ加工、両面テープ張り、組み立てまで、ワンストップで行える環境を整えています。【機器組立・調整事業】当社の機器組立・調整事業は三山精工 群馬・白倉工場が行っております。主に情報通信機器、金融機器、医療機器、計量器機などの部品・パーツ、アッセンブリー、ユニット単位での組立・調整、またそれらを当社で製品として仕上げる組立・調整を行っています。弊社の事業で御社のお役に立てるところ、ご興味いただけるところ等ございましたら、是非ご面会の機会を頂きたいです。129※平成30 年5 月18 日時点の情報です。