ブックタイトル平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ページ
132/410

このページは 平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集 の電子ブックに掲載されている132ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

技術アピールシートやまてっく株式会社ヤマテック技術分野技術キーワード※平成30年5月18日時点の情報です。加工接合、拡散接合所在地[本社]〒190-1232東京都西多摩郡瑞穂町長岡3-3-5資本金1,000万円従業員数25名設立年(西暦)1990年10月主要事業拡散接合加工Webサイトhttp://www.yama-tech.com連絡先(部署・氏名)代表取締役社長山口和範TEL042-557-5660EメールKazu.yamaguchi@yama-tech.com?得意な技術・製品拡散接合、中空部品(3D)加工。ハイサイクル金型、ヒートシンク部品?得意な顧客・市場分野大手重工企業、金属にかかわるすべての企業?生産拠点・研究体制上記本社に同じ?特記事項(取得資格・認証等)ISO9001(2008年取得)、溶接学会(界面接合研究委員会)PR詳細◎拡散接合とは金属と金属の平面を接着剤、ろう材などの介在物を使用せずに、接合する方法です。融点より低い温度ですが(溶かさず)、加熱と接合面に圧力を加えることで、接合する金属間で原子レベルでの移動が起き、接合されます。(結晶が一体化します)●特長・介在物を使っていないので、1mm+1mm=2mmに正確になります。・接着剤などが気化してしまうような高温下でも使用できます。・ハイトが許せば、何枚でも接合が可能です。・拡散接合を主業とする企業は日本でも10社未満です。都内は弊社だけです。・機械加工では不可能な、中に自由な流路を持った金型やヒートシンクが実現できます。SUS40枚積層蒸着マスクアルミヒートシンクφ0.075金属メッシュフィルタ円筒加工後135