ブックタイトル平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ページ
143/410

このページは 平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集 の電子ブックに掲載されている143ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

技術アピールシートあさっぷしすてむ株式会社アサップシステム技術分野技術キーワード※平成30年5月18日時点の情報です。電気・電子・光学マイコン開発、回路設計所在地[本社]〒198-0042東京都青梅市東青梅2-18-5セトル東青梅109資本金1,000万円従業員数3名設立年(西暦)1998年主要事業マイコン応用機器の開発Webサイトhttp://www.asap-sys.co.jp連絡先(部署・氏名)斎藤信之TEL0428-78-4095Eメールn-saito@asap-sys.co.jp?得意な技術・製品マイコンを使った、制御・解析。?得意な顧客・市場分野試作開発、研究機関、大学?生産拠点・研究体制自社完結型。各種共同研究実績あり?特記事項(取得資格・認証等)PR詳細弊社は、半導体検査装置のメーカー「三和電子製作所」の事業終了後、ソフトフェア部隊が集まり1998年に設立いたしました。その後、自社メモリテスターの開発や半導体関連のソフトウェア開発(Windows、組み込みマイコン)を主業務として参りました。現在はマイコンに特化し電気的な測定や解析、測定器の制御、自社製品の開発を行っております。受託開発は主に、企業や研究機関、大学の試作開発を行っております。設計段階からご提案させて頂き、自社内で設計から生産までを一括で行います。開発事例・海洋情報モニタリングシステムの制御基板の設計・開発・無線式筋電計の無線基板の開発及びFFT・Waveletでのリアルタイム解析ソフトウェア開発・SFF光トランシーバ検査装置の基板開発・空港緊急通報システムの開発(DTMF信号)・超軟質材料を計測する硬さの試験機の開発(XYZステージ制御)・植物生体電位測定基板の設計・開発・製造及びロギングソフトウェアの制作自社製品としては、アマチュア無線周辺機器の制作・販売を全国展開しており、今春からは陸上競技のタイム計測器を販売開始いたしました。・無線式データロガー(2.4GHz帯特小無線、アナログ4CHデータロガー技適取得済)・アマチュア無線周辺機器(モールス解読器、練習機、メモリキーヤー等)・短距離走タイム計測器「マジラン」147