ブックタイトル平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ページ
47/410

このページは 平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集 の電子ブックに掲載されている47ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

技術アピールシートくらふてっくおかもと株式会社クラフテックオカモト(旧社名:渡邊プレス工業株式会社)技術分野技術キーワード※平成30年5月18日時点の情報です。加工精密板金、金型レス生産所在地[本社]〒208-0023東京都武蔵村山市伊奈平1-71-1資本金4,000万円従業員数60名設立年(西暦)1947年主要事業薄板(鉄、ステンレス、アルミ他)の板金、プレス、溶接、組立までの加工全般Webサイトhttp://www.craftec-ok.com/連絡先(部署・氏名)営業部課長梶谷宏伸TEL042-560-0551Eメールkajiya-hironobu@craftec-ok.com?得意な技術・製品?得意な顧客・市場分野?生産拠点・研究体制?特記事項(取得資格・認証等)高精度(金型品レベル)の板金加工技術、各種箱物製品、コストダウン提案医療機器、食品機器、電機機器等の大手メーカー様グループ会社のスケールメリットを活かし茨城(塗装)、静岡(組立)にも生産拠点あり第15回多摩ブルー・グリーン賞(多摩信用金庫主催)にて経営部門奨励賞受賞PR詳細弊社は今までプレス、板金加工の両方を行ってきたノウハウを生かして、金型を製作しなくてもプレス金型品に近い寸法精度を板金加工で実現する工法、いわゆるを得意としております。最近においてはプレス金型品同等またはそれ以上の精度で板金加工を行うを国内メーカーとしてはじめて実現した板金加工メーカーとして、PR活動を行っております。以下の最新鋭の設備機械と弊社のプレス・板金ノウハウを融合させたを皆様も是非ご覧いただきたいと思います。薄板板金加工でのこれからの“ものづくり”に是非ご活用ください。レーザー機にチェンジャー機構が備わっており、弊社保有の豊富なパンチ型を搭載可能レーザーパンチ複合機TruMatic7000レーザー機の金型チェンジャー機構部金型精度並の±0.03mmの繰り返し精度で加工可能全自動曲げ加工システムTruBend Cell7000画像測定器IM-6025日本初導入のロボットベンダー機。写真にあるアームロボットが曲げ加工の他、金型交換も行う画像認識技術を用いて全自動で各種寸法測定が可能な測定器で、量産の全数測定にも対応41