ブックタイトル平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ページ
61/410

このページは 平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集 の電子ブックに掲載されている61ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

技術アピールシートしょうじょうてくの株式会社猩々テクノ技術分野技術キーワード※平成30年5月18日時点の情報です。加工プラスチック精密金型、精密切削所在地[本社]〒123-0872東京都足立区江北6-7-7資本金1,000万円従業員数21名設立年(西暦)1960年主要事業プラスチック射出成形用金型の設計・製造Webサイトhttps://www.shoujoh.co.jp連絡先(部署・氏名)営業部前島良TEL 03-3856-0505 Eメールeigyo@shoujoh.co.jp?得意な技術・製品?得意な顧客・市場分野?生産拠点・研究体制?特記事項(取得資格・認証等)カメラ鏡筒部品、継手をはじめとするネジ、筒物用プラスチック金型製作光学機器、生産設備、医療機器等親会社のレンズメーカー、株式会社nittoh(長野県諏訪市)とも連携します足立ブランド認定企業・経営革新計画承認PR詳細【ねじ・筒物でお困りの方へ】当社は、カメラのズーム機構用部品等の精密機構部品用のプラスチック射出成形用金型の設計・製造を得意にしています。最新のマシニング・ワイヤ放電加工機等で高精度加工を行い、金型に内側にすぼむ内径スライド(コラプシブルコア)や回転抜き等の機構も盛り込みます。カメラ鏡筒部品用プラスチック精密金型で培った経験を基に次のようなご提案をします。■プラ化・一体化で組立工数を削減したい⇒金属部品のプラスチック化や複数部品の一体化で、組立工数削減と共に小型化・軽量化でトータルコストの削減を提案します。■二次加工をなくしたい⇒内スライド(コラプシブル・コア)や回転抜きで、内径の溝やねじを1回の射出成形で部品製作を完結する提案をします。■金型の立ち上げ期間を短縮したい⇒金型へ±2ミクロンの高精度加工を行い、修正回数の削減と共に成形品の品質を向上させ、市場投入のタイミングを逸しません。■樹脂の対応実績⇒PC、POM、PBT、PA、ABS、PP、PE、PPS、液晶ポリマー(LCP)、フッ素樹脂等■主要設備〇CAD/CAM:UG NX5 3台他〇マシニング:牧野フライスV33・2台V22・1台他〇ワイヤ放電加工機:ソディックSLN400G他〇型彫放電加工機:ソディックAQ35L他〇CNC三次元測定機:ミツトヨCrysta-Apex C775他〇画像測定器:ミツトヨQuickVision Apex30257