ブックタイトル平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ページ
69/410

このページは 平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集 の電子ブックに掲載されている69ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

平成30年度 広域多摩イノベーションプラットフォーム 新技術創出交流会 申込企業 技術アピールシート集

技術アピールシートせきだいこうぎょうセキダイ工業株式会社技術分野技術キーワード※平成30年5月18日時点の情報です。加工高精度・難形状切削加工所在地[本社]〒146-0082東京都大田区池上8-14-13資本金4,000万円従業員数62名設立年(西暦)1965年主要事業五軸マシニング及び複合加工機などを使用した高精度金属切削加工Webサイトhttp://www.sekidai.co.jp/連絡先(部署・氏名)管理部柿沼秀明TEL03-6410-6446Eメールkakinuma@sekidai.co.jp?得意な技術・製品チタン・マグネシウム合金の切削加工。1個の試作~月産100個までを対応?得意な顧客・市場分野ホンダレーシング様のオフィシャルパートナーであり、自動車業界中心に培った技術とノウハウにて高精度・難形状部品を得意としております。?生産拠点・研究体制東京工場と福島工場の二拠点体制?特記事項(取得資格・認証等)ISO9001(2013年4月取得)PR詳細【加工対応材質】【主要ワークサイズ】・マグネシウム・チタン・アルミ全般・アルミダイカスト~X350 x Y350 x Z350・普通鋼、特殊鋼・鋳物・ステンレス全般~φ800・伸銅、インコネル、スーパーインバーなど検査室の室温を常時22℃に設定。検査員が各々の三次元測定器を用いて、各箇所を測定。その後、仕上げ担当者、出荷担当者の複数回のチェックをする事を徹底しております。レースのコア部品を長きに渡って製作し続けてきた弊社だからこそ、他業種のお客様からも品質面においてご信頼いただいております。切削後の表面処理(アルマイト、メッキ、塗装…)、熱処理、圧入、圧検、研磨、ホーニング、溶接などの二次処理・加工までを一貫で対応し、納品時の品質を保証します。66